タイムカードの機能を見直し

会社で必要なタイムカードは従業員の勤務した時間を計算するために必要なものです。


出勤した時間を確認するにはとても適しているのですが、勤怠管理や給料を計算するためにはもうひと手間必要になってくるのです。



タイムカードは誰でもすぐに確認できるので、自分の勤怠を確認する時にとても便利なのです。一覧性があるということと確認したい日もすぐに見ることが出来るのです。



しかし勤怠管理となるとその内容が必要になるので、出勤した時間と退勤した時間だけでなく勤務時間を計算しておくことです。


勤務時間にもいくつか分けて確認する必要があるのは残業時間です。

残業時間は基本的に1日8時間、週40時間を超えた場合にあたえることになりますが、これは雇用形態によって変わるのです。



例えば変形労働時間制を採用しているような場合は、その月の基準となる勤務日数や時間数が変わってくることになるので、残業時間など計算する場合は確認をしなければなりません。

そのためタイムカードには氏名だけでなく雇用形態が分かる情報があると計算しやすいのです。
それが出来るのはデータで管理するという方法なのです。


誰の勤務データかわかれば社員のマスターを参照して雇用形態などの情報を引き出して計算をさせることが出来るようになります。


そうすることで勤務時間だけでなく残業時間も計算ができるのです。
作業軽減やミスを少なくする方法としてタイムカードの機能を見直して見ることです。