タイムカードの役割について

タイムカードといえば紙でできたカードタイプの記録用紙のことですが最近はその機能も大きく変わってきています。



タイムカードには会社などに出勤した時間と退勤した時間を記録して勤務の状況がわかるようにするものです。


ただ紙でできたものはアナログとなるので、計算機能がありません。


時間を記録することはできても時間数を計算することができないということになるのです。


そのため誰かが計算をしなければなりません。数人なら計算をすることもできますが、人数が多くなるととても手間がかかってしまうことになります。

タイムカードを集めて給与計算を行うとしても、その集計に時間が掛かってしまうことになるのです。タイムカードにどこまでの機能をもたせるかその役割によって使い方も変わってくるのです。

単純に時間を記録するだけなら紙でできたアナログ式でも問題はありません。しかし集計に時間がかかってしまう、早く計算を行いたい、間違いがないようにしたいということであればタイムレコーダーを見直してその機能を持たせることが必要です。



最近はタイムレコーダーも多機能化していますが、インターネットを使用してスマートフォンを使用するというような方法もあります。

営業など直行や直帰で仕事をするような場合は、スマートフォンを使用して勤怠を入力することができるのです。
この方法であれば本人が勤怠の状況をすぐに確認したいというような場合にも便利です。


このようにタイムカードの役割によってその機能も様々なのです。